TOKYO GAME SHOW 2016に行ってきました

 

最近仕事に疲れ気味なので、たまには仕事に関係ないものを求めて、

東京ゲームショウにふらふらと行ってきました。

 


 

JUGEMテーマ:ゲーム

 

相変わらずめちゃくちゃ広い会場でした。

去年よりもさらに使用ホール数は増えて、

陸続きでない(一旦外の道を経由する必要がある)複数ホールで開催されていました。

 

 

やっぱり目玉はVRですね。

各社こぞってVRゲームを公開されていました。

特にPS VRは開場と同時に整理券が配り終わったとのことで、

あとはひたすらキャンセル待ちをするしかない圧倒的な状況でした。

(もちろん僕は試遊できませんでした)

 

 

VRは本当の意味での一人称視点を提供してくれて、

剣と盾で戦うゲームや、

銃を撃つゲームとかが多かったです。

やっぱそういう使い方ですよねー。

 

他にもレースゲームとか、

ライブ会場の中に突っ立ってアイドル応援するゲームとか、

映画の登場人物になりきってテロリストに尋問される?ゲームとか。

 

まだ人間の歩行をトレースすることはできないので、

その場から動かないゲームのみでした。

(仮にできてもそんな広いスペースは会場にも自宅にも用意できないから、

きっと今後も出てこないのだろう)

 

人間の頭部の動きをトレースして、

それに合わせた視覚情報を3D映像で提供するだけでも、

かなり没入感がある新しい体験でとても面白かったです。

しかし頭部以外、さらには視覚情報以外も

僕らを別世界に連れて行ってくれるのはいつになるのかな。

スポンサーサイト

コメント