JaSST'16 Tokyoに行ってきた

JUGEMテーマ:PHP
 

行った直後に書けよ!
って感じですけど、
3/8と3/9の2日間に開催されたJaSST'16 Tokyoに行ってきました。
 
IMG_0171[1].JPG

JaSSTとは

Japan Symposium on Software Testingという、
おそらく日本のソフトウェアテスティング界隈で一番大きなシンポジウムです。
http://www.jasst.jp/

今年のJaSST'16 Tokyoは日本大学理工学部 駿河台校にて開催されました。
http://www.jasst.jp/symposium/jasst16tokyo.html
 

IMG_0173[1].JPG

どんなセッションがあったのか

  • 組み込み業界で盛り上がりつつあるIoTのテストの話

  • ゲーム業界のテスト自動化の話

  • アジャイル開発におけるテストの話

  • Web業界のテストに関するパネルディスカッション

  • テスト自動化エンジニアのキャリアパスの話

  • 画像キャプチャを使用してWebサービスのテストを自動化した話

などなど。

IMG_0167[1].JPG
 

印象に残った話

レガシーなWebシステムのテストをすることになったらどうするか?

Mixi、GREE、ネクスト、ガイアックスの品質保証に近い立場の方々のパネルディスカッション中に、聴講者からの質問があって、

「ドキュメントの無いレガシーなシステムのテストをすることになったらどうしますか?」

というもの。
それに対する各社の返答が

  • とにかく詳しい人を探して聞くなど、八方手を尽くす

  • コアバリューとなる箇所を重点的に探索テストを行う

  • 最後は開き直る

といった感じで、やはりどこの会社でもこういった問題に悩んでいるし、コレといった解決策も持っていない様子・・・。
その中でも印象に残った発言が、

「Web業界で古くなったシステムとか捨てちゃっていいんじゃないの」
「セキュリティとか危ないじゃん!」

というもの。
セキュリティへの指摘は「ですよねー」と思えるけど、
現にお客様に価値を提供しているシステムを、会社が「このシステム保守できないので捨てます」ともなかなか言えないよなー・・とも思いました。
(セキュリティ的にまずいものを提供し続ける方がリスクとしてとても容認できないという判断はもちろんあると思います

スポンサーサイト

コメント